水道水ウォーターサーバーは定額レンタル使い放題

ウォーターサーバーの料金が高いと悩んでいるなら水道直結ウォーターサーバーがおすすめ。定額のレンタル料金のみで使い放題。年間で数万円も節約は簡単にできます。長いレンタル期間も存分に使える、おすすめ水道直結ウォーターサーバーがキャンペーン中。

水道水ウォーターサーバーは定額レンタル使い放題 ≫ 水道直結ウォーターサーバーで料金節約

ウォーターサーバーの料金が高いと悩んでいるなら水道直結ウォーターサーバーがおすすめ。定額のレンタル料金のみで使い放題。年間で数万円も節約は簡単にできます。長いレンタル期間も存分に使える、おすすめ水道直結ウォーターサーバーがキャンペーン中。

ウォーターサーバーの料金体系、しっかり確認できている人は少ないようです。その証拠に独自アンケートで、レンタル料金が想定外に高かったという口コミがたくさんあります。天然水の単価だけで安いと判断している人ほど、支払いを滞納したりするケースも出ています。今まで聞いたことないと思いますが、ウォーターサーバーの代理店を営む関係者の話では、料金滞納は実際にある話だそうですよ。

ウォーターサーバーの料金体系は大きく2つに分かれます。

■宅配水ウォーターサーバー → 従量課金制
■水道水ウォーターサーバー → 定額使い放題

宅配水ウォーターサーバーが多く出回っているので、従量課金制の中で最安値探しに終始していることを理解しましょう。従量課金制は高くつきます。ウォーターサーバーに高い料金を支払うのは、もうお終いです。天然水って水道水と、そんなに味も変わらないですし、ボトルの残量を気にしてチマチマ使うぐらいなら、ウォーターサーバーを契約する意義がありません。

契約前に想定してた料金より、毎月、高くついたから、契約の時に約束させられた最低の発注分だけ注文して、放置しているという無駄なこともやっている契約者も多い事はわかっています。(独自調査より)

解約したくても途中で解約すると違約金(解約金)が発生するので、契約期間が切れる日まで、置物と化しているケースもありました。

そうならないためにも、天然水ウォーターサーバーを選択肢とせず、水道水を使う水道直結型がおすすめです。具体的には楽水ウォーターサーバーです。

料金はウォーターサーバー本体のレンタルにかかる3,500円(税別)のみです。定額制で使い放題です。一般的なウォターサーバーと月額料金を比較しても、圧倒的に安いことがわかりますよ。

この表は、一般家庭の構成でまとめていますが、例えば、オフィスなど人が大勢集まっている施設に天然水のウォーターサーバーを置けば、月額料金が想像できるのではないでしょうか。

そのような使う人や量が不透明な場所にも、定額使い放題の楽水ウォーターサーバーが最適なんです。最初から節約を意識した料金体系になってます。

楽水ウォーターサーバー 公式サイト 

従量課金制の宅配水ウォーターサーバーに比較して、定額使い放題の水道水ウォーターサーバーのコスパは非常に高いです。節約を意識するなら、水道直結型のウォーターサーバー一択です。なぜならば宅配水ウォーターサーバーでは絶対に出来ないことがあります。それは、年間で必要な料金が予め計算出来ることです。毎月固定の定額制の料金システムだからできることであり、年間で必要なお金を見える化することは節約のコツでもあります。

使ってみなければトータルでどれだけの料金になるのかわからない宅配水ウォーターサーバーで、節約なんて絶対に無理です。唯一の節約方法は、天然水を出来るだけ使わない、最低発注数で毎月過ごすこと以外あり得ないからです。どんな商品でも年間トータルで費用負担を見る目がなければ、それに対する節約なんか出来ません。

「冷蔵庫の開け閉めを素早くすることで毎月数円が節約になります」って、テレビの特集コーナーで言ってた節約の達人が居ましたが、今は見かけなくなりました。数円にかける労力が効果に見合ってないのは明らかですし、長続きしないですよ。そんなギスギスした生活、嫌ですよね。

ウォーターサーバーは、もはやレンタルが主流と言えども家電製品なので、できるだけ低料金で長く使えるものを選ぶべきです。そういう面で、楽水ウォーターサーバーは最適です。では、楽水ウォーターサーバーの年間に必要な料金を見てみましょう。

実はレンタルでもかなりお得な料金設定ですが、6年以上使うなら、買取ってしまうほうがお得なんです。これは公式サイトでも認めていることなので、レンタルと買取の選択肢が与えられているウォーターサーバーでもあります。

最初にドンと支払っておくか、3年契約のレンタルにするか、スタートから3年間はレンタルにしておいて、長く使えると思った時に買取するという、3つの方向性があります。レンタルの途中での買取は、新たに定価で購入する必要はありません。レンタルで支払われた総額分は差し引かれる等、計算基準があるので、改めて見積もりを貰ってくださいね。

ウォーターサーバーを使いたいけど節約もしたいという、相反する事を叶えるのは非常に難しいですよね。ウォーターサーバーをレンタルすることと節約を一緒に考えるのは意味がありません。ウォーターサーバーをレンタルするなら、別の項目で節約すべきです。節約も実は限界があります。せいぜいやれることとしたら、

・電気代
・ガス代
・水道代
・食費
・余暇やレジャー費
・お小遣い
・保険料見直し
・スマホ通信料金

これらが節約の対象になりやすいですが、どう考えても年間で10万円前後の節約が出来れば御の字です。しかし、それ以下にはなりません。生活に必要な最低限の費用はゼロである人間は居ないのです。節約には限界があるんです。それよりも収入を増やす方がはるかに効率が良いわけです。ウォーターサーバーの費用は、一般家庭で10,000円を超える事は稀です。相場としては5,000円から8,000円というところでしょうか。

宅配水ウォーターサーバーなら、それぐらいの費用の幅が出来ますが、水道水ウォーターサーバーは定額使い放題なので、宅配水ウォーターサーバーより費用負担は随分と楽です。仮に5,000円の収入を増やすとしたら、

・在宅で副業をしてみる( ライター スキルフリマ アンケート・リサーチ など)
・バイトやパート(マッハバイト 即日払いOKの求人 )

ことで十分にカバーできますよ。水道水ウォーターサーバーの楽水ウォーターサーバーは月額3,500円のみでレンタルできます。在宅のライターなら、すぐにでもカバーできる金額ですよ。節約は労力を考えると費用対効果は良くないのです。一ヶ月で3,500円ぐらい、素人のライターでも稼ぐことは可能な時代なんです。プロの文章と同じぐらい素人の文章のニーズは多いのですよ。

ウォーターサーバーはレンタルしたいけど、必要以上の費用はかけたくないと言うのなら、天然水は諦めましょう。水道水を浄水した水で十分ウォーターサーバーは役に立ちます。

ウォーターサーバーは一般家庭だけではなく、業務用として店舗やオフィスにレンタルされています。日本宅配水&サーバー協会の統計では385万台が2018年の推定として公表されています。385万台は全て宅配水ウォーターサーバーですが、水道水ウォーターサーバーも合わせると400万台は突破しているものと思われます。

業務用として宅配水ウォーターサーバーが置かれているのをシェアオフィスなどで見かけたことがあります。そこのシェアオフィスのウォーターサーバーは、いつも水が入ってるわけではなく、どちらかと言うと入っている方が珍しい感じでした。宅配水ウォーターサーバーは従量課金制なので、シェアオフィスに出入りする方の数を考えると、消費がものすごく早く、費用負担は青天井です。なので費用負担を抑えるために、水の交換を限定しているのか発注をセーブしているか。

空のウォーターサーバーのままというのは無料サービスとして、どうかという姿勢も問われます。内向きの事情でサービスが疎かになるぐらいなら、ウォーターサーバーのレンタルは止めてしまえばよいのです。もし、従業員への福利厚生だったり顧客への無料サービスとしてウォーターサーバーの水を提供したいのなら、定額使い放題の水道水ウォーターサーバーが最適です。いくら消費されても費用負担に変動はありません。

水道水ウォーターサーバーは水道代の負担はありますが、日本の水道料金は、ものすごく格安です。自治体で基本料金や従量課金の単価に違いはあるかもしれませんが、1000リットル消費しても数十円から200~300円レベルの負担ですから、天然水1本よりは安いです。天然水は12リットルボトル1本が1,500円前後で販売されていますから、どれだけ天然水が高いか理解できると思います。

高い単価の相場の中で、最安値を探しているのが、よくあるウォーターサーバーの比較検討の実態です。月の消費が12リットルで終わるのならば最安値探しがベストでしょう。しかし水の使用量なんて誰にもわからないわけですから、想定外に費用負担が大きくなるのは、宅配水ウォーターサーバーをレンタルするなら容易に起こりうることです。


Copyright © 2018- 水道水ウォーターサーバーは定額レンタル使い放題